ドメイン取得の名義について

切り替える前まで利用していたホスティングのサービスを提供してもらっていた事業者と、切り替えてから利用することとなるホスティングのサービスを提供してくれる事業者との間で、ドメイン取得していたものを管理していくサービスを引き継ぎたい場合は切り替える前まで利用していた事業者と、切り替えてから利用する事業者の双方がドメインを管理するサービスに対応していることが必要になります。事業者の中には、新しいドメイン取得を依頼した人の名義ではなく、事業者の名義で行っているところもあって、切り替えたレンタルサーバに移管することができないことがあります。そのためドメイン取得をするときは依頼した人自身の名義で行われるのかどうかについて前もって確認をしておく必要があります。ドメインを切り替えたレンタルサーバに移管することができることによって、レンタルサーバを提供している事業者と同じ事業者にドメインも管理してもらえるためホームページを管理する手間を省くことができます。

自分が開設したホームページのアクセス数が増えてくると、転送制限がかかり自分は切り替えたくないと感じていても、レンタルサーバを切り替えることを余儀なくされる事態も起こり得ます。そして、ホスティングのサービスを提供する事業者が万が一倒産してしまったときには、ドメインを管理者の行方が分からなってしまうことになります。仕事でホームページを開設しているときには、ドメインの管理はどうしも必要ですので倒産したときにどうなるのかは調べておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です